2017年12月22日

沖縄の世界遺産「勝連城跡」阿麻和利の治めたまるで西洋のお城

「沖縄の世界遺産」一覧(全9ヶ所) >

f:id:ruuchel:20171218142727j:plain

勝連城跡(かつれんじょうあと)の歴史

勝連城の始まりは13世紀頃、沖縄のグスクの中でも古い方になります。

グスク:自治区、それに関わる城や聖地

英雄だった最後の按司(頭首)となる10代目の阿麻和利(あまわり) が
増築を繰り返すなどして、現在の勝連城を創り上げました。

勝連城は四つの城郭(四つの曲輪)からなり標高は約98mで、
上の曲(一の曲輪)へ行くほど断崖絶壁になっていきます。

瓦など、多数見られる礎石の跡から、首里城正殿のような大きな建物が立っていたと推測されます。

阿麻和利護佐丸中城グスクを打ち破りますが、

最大権力である首里グスクには及ばす破れることになります。

f:id:ruuchel:20171220093334j:plain

f:id:ruuchel:20171220093911j:plain

f:id:ruuchel:20171219155220j:plain

勝連城跡 利用時間、料金

見学料金:無料
利用時間:自由
駐車場あり

休憩所
9:00~18:00 無休 無料

Google マップ

年末年始の営業時間のお知らせ

年末年始の休憩所の開所は元日を除き平常どうり9:00~18:00の開所となります。
元日は朝6:00の開所予定です。

元日の早朝は例年大変混雑いたします。駐車場も満車になることが予想されます。路上駐車はしないようによろしくお願いします。

 

元日について

城内には照明がありません、早朝に来場する方は各自電灯などの持参をおすすめします。

城内の階段等は混雑時には危険な箇所があるのでご注意ください。

転落や崩落の危険があるので城壁や危険な場所には絶対に登らないようにしてください。

 曲輪ごとに見る

四の曲輪 (ローマ帝国のコイン出土)

f:id:ruuchel:20171219162242j:plain

ウタミシガー(泉)

f:id:ruuchel:20171219144459j:plain

ウタミシ:お試し(占い)  ガー:泉

(旧暦)元旦の初拝みの際、水の量によって一年の豊作・凶作を占う

ミートゥガー(泉)

f:id:ruuchel:20171219150849j:plain

ミートゥガー(縁結びの泉) ↑
水汲みを口実に外出し、若者が密かに逢瀬を行う場所となっていた。

仲間ヌウカー(カンジャガー)
この地域の鍛冶屋(カンジャー)であった仲間家が使用していた泉。

門口のカー(じょうぐちのカー)
西原御門から城内へ入る際に、訪問者が手足を清めるために使用していたと言われている泉。
身分の低い家臣が利用していたと考えられる。

国内初、勝連城跡からローマ帝国のコイン

 四の曲輪から三の曲輪へ

f:id:ruuchel:20171219142639j:plain

f:id:ruuchel:20171219143307j:plain

勝連城跡「三の曲輪」

三の曲輪城門(四脚門)

f:id:ruuchel:20171219092507j:plain

柱をはめる四つのほぞ穴あり

肝高(きむたか)の御嶽(トゥヌムトゥ)

f:id:ruuchel:20171219135903j:plain

トゥヌムゥトゥ:石列
肝高(きむたか):英雄 →「肝高の阿麻和利」との敬称がある。

近くには神人かみんちゅたちが腰掛けたと言われる石列がある。↓
御嶽(うたき):聖なる場所、信仰の場所、パワースポット

すり鉢状遺構(いこう)

f:id:ruuchel:20171219140706j:plain

f:id:ruuchel:20171219141449j:plain

勝連城跡「二の曲輪」

f:id:ruuchel:20171219135136j:plain

階段の上の壇上のような場所

ウミチムン(火の神)

f:id:ruuchel:20171219120958j:plain

火の神(ヒヌカン):火の存在を敬い、それを祀る対象とされるもの(場)。

ウシヌジガマ(身隠し洞窟)

f:id:ruuchel:20171219121939j:plain

ウシヌジ:身を隠し、凌しのぐ
ガマ:自然洞穴

 一の曲輪にある玉ノミウヂ御嶽と繋がっている。

舎殿跡、礎石

f:id:ruuchel:20171219123545j:plain

首里城正殿のような柱の多い構造であり、
勝連城内で、最も重要な建物であったと考えられる。

周辺からは大和系瓦も発見されていることから、瓦葺きの建物であったという説もある。当時としては先進的だった。

f:id:ruuchel:20171219142209j:plain

f:id:ruuchel:20171220093044j:plain

勝連城跡「一の曲輪」

f:id:ruuchel:20171219120003j:plain

素晴らしき眺め

f:id:ruuchel:20171219114526j:plain

 玉ノミウヂ御嶽

f:id:ruuchel:20171219120242j:plain

f:id:ruuchel:20171219171302j:plain

この大きな石を霊石、御神体とした御嶽で、村の繁栄が祈願されていた。

石の表面が平らなことから、建物の基礎として使われていた可能性がある。

ニの曲輪のウシヌジガマと繋がっており、避難路としても利用されていただろうとされる。

 見晴らしかなり良好

f:id:ruuchel:20171219001602j:plain

www.perfect-okinawa.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です