世界遺産「斎場御嶽」6つの見所、沖縄最高峰のパワースポット

「沖縄の世界遺産」一覧(全9ヶ所) >

f:id:ruuchel:20180104112408j:plain

会館時間
3月〜10月 9:00~18:00(最終入館17:30)
11月〜2月 9:00~17:30(最終入館17:00)

入場料金
大人(高校生以上) 300円
小人(小・中学生) 150円
団体 200円(※団体20名以上)

駐車場あり

Google マップ

斎場(せーふぁ):最高位を意味する。

正式な神名: 君ガ嶽  主ガ嶽ノイビ

琉球王国最上位の御嶽とされ、聞得大君(きこえおおきみ)が管理していて、
男子禁制の場所。(御嶽は全て男子禁制だった)
聞得大君:琉球王国における神事の最高位の者、女性。

御新下り(おあらうり)や、東御廻り(あがりうまーい)が行われた。

御新下り:聞得大君の就任式
東御廻り:琉球国王、聞得大君の聖地巡拝の行事。
アマミキヨがやってきて住み着いたとされる知念・玉城の聖地を巡拝する。

f:id:ruuchel:20180102184650j:plain

斎場御嶽の中

沖縄創世の神、アマミキヨ(アマミク)の造った9の聖地と7の森、

9の聖地の中に7つの御嶽が存在する。

琉球開闢七御嶽(りゅうきゅうかいびゃくななうたき)

安須森御嶽 (あしむいウタキ、あすもりウタキ)
場所:国頭村の辺戸、山の中にある。

クボウ御嶽 (クバの御嶽)
場所:今帰仁村、今帰仁城跡近く
沖縄最大規模の御嶽

斎場御嶽

薮薩御嶽
(やぶさつウタキ)
場所:南城市玉城
小さな拝所

雨つづ天つぎ御嶽(あまつづてんつぎウタキ)
場所:玉城グスク内
東御廻い(アガリウマーイ)の最後の巡礼地。

クボー御嶽
場所:久高島
現在「何人たりとも出入りを禁ずる」となっていて、
島の神女だけが祭祀の際、出入りすることになっている。

首里真玉森御嶽(すい まだま むい ウタキ)
首里城内にあるとされている10の御嶽の1つ、あるいは二個一。
というのも首里城には「首里森御嶽」ははっきりと存在するが、
真玉森御嶽の明確な場所がわからない。
首里森御嶽の見えない側面であるとの解釈もある。

斎場御嶽、主要6箇所(6つのイビ、神域)

斎場御嶽には6つのイビ(聖域)と6つの拝所が存在する。

御門口(ウジョウグチ) 

御嶽の入り口になる。

一般庶民、特に男性はこれより先は入れず、ここから拝んだ。

神社の拝殿的役割の場所。

国王に関しては袂の合わせを女装に改めることで入ることがでた。

入り口右に御嶽内にある六ヶ所の拝所を表す香炉が置かれている。

大庫理(ウフグーイ)拝所

首里城正殿の二階と同じ名前。

御新下り(おあらうり)におけるお名付け儀礼(霊威づけ儀礼)がここで行われた
御新下り:聞得大君(きこえおおきみ)の就任式

f:id:ruuchel:20180102185540j:plain

f:id:ruuchel:20180102191641j:plain

儀式を行う祭壇のようなものがある。

f:id:ruuchel:20180102185457j:plain

f:id:ruuchel:20180102191117j:plain

寄満(ゆいんち)拝所

首里城の厨房と同じ名前。

台所という意味もあり、豊穣(ほうじょう)を司る。

寄満(ゆいんち):寄せて満ちる

中国のセジ(貢ぎ物)や、その他「交易品を寄せる所」という意味もある。

五段上がった祈りの壇上は神聖な場所として現在も一般の人の立ち入りを禁じている。

ツノのような突起が特徴。

f:id:ruuchel:20180104091723j:plain

f:id:ruuchel:20180104095521j:plain

斎場御嶽の檻房穴

第二次世界大戦、沖縄戦「鉄の暴風」の跡

鉄の暴風:戦争で沖縄に打ち込まれた砲弾の激しさを形容した言葉。

三庫理(サングーイ)重要場所、拝所

斎場御嶽の最奥部に位置する礼拝において最も重要な場所となる。

絶妙なバランスで存在する三角大岩の門があり、
その奥には岩に囲われたひだまりの空間が存在する。

そこに三庫理(サングーイ)と、チョウノハナ(京のはな)と呼ばれる拝所
さらに後にできた久高島遥拝所が存在する。

また、三庫理(サングーイ)からはとても珍しい黄金の勾玉が出土している。

三庫理(サングーイ)と チョウノハナ 拝所

三角岩の奥にある最も格式高い拝所。

f:id:ruuchel:20180104201115j:plain

f:id:ruuchel:20180104110001j:plain

奥の香炉が三庫理(サングーイ)、右の香炉がチョウノハナ

左の岩の割れ目が久高島遥拝所となる。
(王国時代にこの割れ目はなく完全に囲われた空間だった)

f:id:ruuchel:20180104110135j:plain

かつてチョウノハナの岩の上にはクバの木があり、
拝みの際にはそこにアマミキヨが降臨していたとされ、
特に神聖な場所となっている。

アマミキヨ(アマミク):沖縄の創世の女神、久高島を最初の拠点とし地に降り立った。

久高島遥拝所

f:id:ruuchel:20180104111736j:plain

黄金の勾玉

シキヨダユルとアマダユルの壺 拝所

 二本の鍾乳石(チータイイシ)から垂れ落ちる聖水を受け止める器(接触禁止)

f:id:ruuchel:20180104101309j:plain

シキヨダユルアマガヌビー(岩側、奥)拝所

「しきよたよる雨(天)か美御水」
シキヨ(聖植)を伝い流れ落ちる聖水。
聞得大君の就任の儀式で額に水をつける神事、お水撫で(ウビナディ)に使われた。

アマダユルアシカヌビー(外側、通路側)拝所

「雨たゆるあしかの美御水」
アシカ(聖植)を伝い流れ落ちる聖水。
琉球王国の王世子(皇太子、王子)のお水撫で(ウビナディ)に使われた。
出世祈願など。

その他、それぞれの吉兆占いや、若水取りで使うための霊水とされていた。

若水取り:元旦に初めて汲んだ水をおそなえする行為。

f:id:ruuchel:20180104102718j:plain

二本の鍾乳石(チータイイシ)

f:id:ruuchel:20180104172501j:plain

f:id:ruuchel:20180104154905j:plain

貴婦人様御休み所

三角岩の右側

女性しか入れない御嶽において、
ある種格式ある女性の休み場所だったのでしょうか。

f:id:ruuchel:20180105091242j:plain

ウローカー(ウロー泉)

御嶽へ入る前に身を清めるために使った泉。

現在は本ルートが落石などでふさがったため、御嶽外の別ルートより入ることができる。

www.perfect-okinawa.com

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook