toggle
2019-10-18

備瀬フクギ並木道

美ら海水族館のある海洋博公園のすぐそばに備瀬のフクギ並木はあります。
約2万本の背の高い樹々が集落を覆い尽くすように直線的に綺麗に立ち並んでいて、
その様相はジブリの世界観をイメージする人も少なくないかもしれません。
出てくる精霊はシーサーにはなりますが、、。

備瀬フクギ並木道

地面は白いサンゴの砂で覆われているところも特徴的で、他の場所では滅多に見ることができないでしょう。
このフクギ並木は、海洋博公園のエメラルドビーチから延長している綺麗なビーチと並行していますので、
深緑とエメラルドのコントラストを楽しみながら散策することもできます。
レンタサイクルを利用すればさらに快適に隅々まで見て回ることができます。
緑の隙間から溢れてくるちらつく沖縄の日差しを受けながら森林浴を楽しめる場所になっています。
樹齢300年を超えるものもあるらしいですよ。

街灯がかなりいい感じ、昼でも少し暗い通り。
明るめに撮れてますが、実際はもっと暗くて雰囲気あります。
砂が綺麗にならされてます。
禅、ほどではないですが一般の道にしてはとても趣深く、
歩いていくのが忍びない。
全てがこのような砂ベースの通りではありませんが、このように見事にしきつめられている通りもあります。
漁の網の青緑色が鮮やかで綺麗ですね。
古民家の宿「しらぱま」
マゼンタの傘が良い。
根の絡まりがすごいけど、
隣の木とつながっていたりするのでしょうか。
コテージ「フクギテラス」

ガジュマル

やはりあるガジュマル。
沖縄の神秘的な場所には欠かせない一本。

恐竜の化石みたいですね。
電線に浸食しているような。
電柱と街灯に絡みついています。
街灯がついた夜も見てみたい。

夫婦フクギ

2本の木がくっついて生えている珍しいフクギ

これは確実につながってますね。

ビーチ、桟橋、海、備瀬崎

備瀬のフクギ並木道と並行してビーチが広がっています。
フクギに囲まれていると気がつかないかもしれないのでビーチが並行していることを意識する必要があるでしょう。
でもそれだけに林とビーチの隠と陽の対比が見応え、感じ応えがあります。
ビーチには桟橋ものびているのでそこから綺麗な海を覗くことができます。
備瀬フクギ並木散策路のゴールには備瀬崎の備瀬ビーチがあり、シュノーケリングなど海のレジャーを楽しむことも可能となっています。

奥に見えるのが海洋博公園のエメラルドビーチ。
桟橋から伊江島を望む。
曇りでもこの透明度と色味。
曇りだからこそのこの青の色かもしれません。
向こうは「伊江島」
伊江島の山のことを「伊江島たっちゅー」と言います。
考え事をするにはよさそうなベンチですね。

駐車場

フクギ並木入り口(エメラルドビーチ前駐車場)1日300円
入り口から少し行くと公営の無料駐車場
1番奥の備瀬崎のビーチ有料駐車場、1日500円
他にもあるかもしれません。
海洋博公園の無料駐車場から歩いてくることも可能。

無料駐車場
フクギ並木入り口(エメラルドビーチ前駐車場)
1番奥の備瀬崎のビーチ有料駐車場
道路の空いたスペースにこういうのもあるけど、
どこで管理しているのだろう。

レンタサイクル

1時間の相場
大人500円
子供300円
電動アシスト自転車1000円
時間が増すにつれ割安になります。

食事

フクギ屋(沖縄そば、タコライス、かき氷)
美ら海カフェ(喫茶店、沖縄そば)
カフェ チャハヤブラン(創作沖縄料理、スイーツ)
ちゃんやー(しゃぶしゃぶ、焼肉、沖縄料理)
古民家食堂 ゆくる(沖縄そば、定食、甘味処)
たびのcafe BiseStyle & レンタルTrike(カレー、海老料理、スイーツ)
コッコ食堂(沖縄そば)

end

関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です