toggle
2020-04-15

真栄田岬・青の洞窟

隆起したサンゴ礁(琉球石灰岩)

真栄田岬について簡単に

海岸へアプローチできる階段(90段)があるのが特徴のダイビングスポット(青の洞窟)として有名な真栄田岬です。
最近では駐車場が整備されて便利になりました。

ダイバーで賑わっているこの真栄田岬ですが、沖縄の美しい地形を見るのにも最適な場所になっていて、
海へ入る以外にも楽しめる景勝地になっています。

真栄田岬全体図

沖縄海岸国定公園

沖縄海岸国定公園は、美しく特徴的な海岸線として指定されているエリア(ロードパーク)です。
隆起石灰岩、海蝕崖、サンゴ礁に縁取られた海岸ラインを指します。

残波岬、真栄田岬、万座毛、から名護湾までを結ぶ海岸線、
羽地内海から辺戸岬を結ぶ海岸線、
慶良間諸島で構成されています。

他にも内陸部エリアには、屋我地島、名護岳、与那覇岳、本部半島カルスト地帯、などが指定されています。
貴重な生態系や特徴的な地形を評価しているものです。

隆起した琉球石灰岩
琉球石灰岩で構成されている海岸線
サンゴ礁の固まった大地
様々な生物が住んでいます。
サンゴ礁のビーチ
綺麗なコバルトが発色しています。

ダイビング・シュノーケリング(青の洞窟)

真栄田岬と言えば青の洞窟ダイビング、シュノーケリングですね。
ツアーで参加体験するのが一般的です。
経験の浅い個人で行くには少し危険かもしれません。
山ほどあるダイビングショップからプランを決めるのは大変かもしれませんが、
それだけ魅力のあるスポットということになるのでしょう。

ビーチエントリー・ボートエントリー

青の洞窟ダイビングでは浅瀬から入水するビーチエントリーと、
ダイビングスポットまでボートで行き、ボートから入水するボートエントリーがあります。

ビーチエントリーが書初心向き、ボートエントリーが経験者向きという分け方もできますが、
単純にどちらが楽しいかで選ぶこともできます。

ビーチエントリーは入水から150mほど泳いで行くことになりますが、
サンゴ礁を観察したり、魚を見ながら泳いだりとこれはこれで楽しく行けます。

泳いでいる人が魚みたいですね。
サンゴ礁の板の上でレクチャーを受けます

現地集合・ショップ集合(船乗り場集合)

ダイビング・シュノーケリングツアーでは青の洞窟(真栄田岬)集合と、
それ以外(ダイビングショップや漁港)があります。

現地集合のメリットはツアー料金が安くおさえられることや、自分で行く楽しさがあります。
デメリットは行き先を間違えたり、人が集まりやすい場所なので混雑に巻き込まれたり、慣れていない場所なので車の駐車に戸惑ったりといったことが起こります。
ショップ集合のメリットデメリットはこれの逆になります。

シュノーケリングスポット入り口
約90段の階段
青の洞窟から戻ってくる人たち、鯉みたいですね。
もっと洒落たボートがあってもよさそうですけど、

真栄田岬 東屋 展望台

ザトウクジラが見えることも
危ない人たち

多目的スペース 管理事務所

管理事務所
真栄田そば
UMIKAZE
軽食
ここでレンタルも
真栄田岬 管理事務所
憩いの広場
弧をえがく赤瓦の屋根

トイレ・シャワー室

トイレ(一般用・障害者用)
シャワー室:温水シャワー室を男女各10室。
更衣室:更衣室をシャワー室内に男女各3室ずつ配置。
コインロッカーあり。

シャワー室:1回 200円
ドライヤー:1回 100円
コインロッカー:1回 100円

ドライヤーroom
トイレやシャワー室

本物の真栄田岬

ダイビングスポットは真栄田岬の北東側にあたります。
一番突き出ている岬の部分はダイビングスポットから少し離れたところにあります。
遊歩道を使えばすぐに行くことができます。

実際の真栄田岬はこちら
隆起サンゴ礁
人と比べてみるとすごい大きい。
落ちてきた隕石がそのまま馴染んだみたい。
この赤い土のルーツが気になります。

真栄田岬周辺の遊歩道

たくましい植物たち。

駐車場

駐車場利用料金

普通車60分毎に 100円
大型車最初の1時間 500円、以降60分毎に 200円

駐車場利用時間

1月〜2月7:00〜17:30
3月7:00〜18:00
4月7:00〜18:30
5月〜9月7:00〜21:00
10月7:00〜17:30
11月〜12月7:00〜17:30

注意事項

海底の地形や潮の流れ方など、通常の砂浜ビーチとは異なりますのでご注意ください。
単独での遊泳はやめてください。
悪天候などでの遊泳禁止の日は海へ近づかないでください。
ダイビングやシュノーケリングはインストラクター同伴で行いましょう。
立ち入り禁止エリアには入らないようにしてください。

青の洞窟、真栄田岬内で禁止されている行為

海への飛び込み行為
悪天候時の遊泳
駐車場でパラソルやビーチチェア等を使用した休憩
施設敷地内でのバーベキュー
階段からカヤックやゴムボート等での昇降
真栄田岬周辺海域にある船用の係留ブイにしがみつく行為
施設内植物の採取等

釣り

基本的にダイバーが沢山いますので釣りをするのは難しいようですが、
朝の時間や、夜の時間を狙うと釣りができるようです。
タマン、イラブチャー、トカジャー、カーエー、サヨリ、カツオなどなど。
マンビカー、スマガツオ、ツムブリ、シイラの群れが回遊しています。

end

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です