御嶽、聖地

Category
幻の城!雨の玉城城(グスク)完璧な城壁
琉球最古の城 標高約180mに築かれた600年前のものとされるグスクです。ただ、誰の手で建築されたものかわかっておらず、さらに、言い伝え的には琉球での創世神であるアマミキヨが築いたとされていたりします...
宮城島の断崖絶壁でエメラルドな絶景を
眺望、バンタ(崖) 果報バンタ(カフウバンタ) バンタ(ハンタ)は沖縄の方言で崖を意味します 「幸せ岬」という意味の沖縄ことばである「果報(かふぅ)バンタ」。 藍色、コバルトブルー、エメラルドグリーン...
夏の朝のヒジガービラまーい
ヒジガービラまーい(ヒジ川坂まわり)とは ヒジガービラまーい:ヒジ川坂散歩。 王府時代の首里から南部へ向かう主要路の一つがヒジガービラ(ヒジ川坂)で、16〜17世紀に整備されました。 現在、歴史を辿り...
霊域となった形のない城「具志頭城跡」
具志頭城跡について 現在お城の痕跡はありませんが、霊域として整備されています。 戦跡として慰霊碑が建てられ、慈しみの場として重要な領域になっています。 具志頭城跡一帯は城址地区と海浜地区の二つの区域か...
妖怪から地域を守る「経塚の碑」
経塚の碑について 16世紀のこと、日秀上人が金剛経というお経をかいた小石を埋め、その上に「金剛嶺」と刻んだ石碑を建て「妖怪」を鎮めたとされます。この出来事は経塚という地名の由来にもなっているようです。...
琉球王陵「浦添ようどれ」
浦添ようどれについて 浦添ようどれ:英祖王の墓(13世紀造):琉球王陵 英祖王:琉球国中山王(1260年 〜 1299年)ー琉球王国時代:1429年〜1879年、450年間琉球諸島を中心に存在した王国...
UA-104089488-2